役立つ情報・資料/主に施工管理者向け

●発注者・ご設計者向けはこちら

荷姿について

 搬入時の荷姿は、基本型で説明しますと、控え部を組合わせた36個(12個×3段)一塊で納品する場合が多いです。
 荷卸しは、組合わせたブロックの塊を、2本のワイヤーを用い、荷崩れを防ぐために胴巻きして行います。胴巻きした状態をより安定させるために、一塊の側面に短管2本を差し込みます